無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
世界の歴史17 ヨーロッパ近世の開花
 エラスムスがルターと決裂したのは「自由意思」の扱いで対立したから/宗教改革と対抗宗教改革は民衆の識字率の向上と道徳化を進めた/ヘンリ7世は冷たくケチで有名だった/価格革命によりポーランドは穀物ブームに/グダンスクからいかだで穀物を運び,後で解体して木材として売り出す/ポーランドの新教化はイエズス会が止めた/一時期ドナウ帝国の収入の三分の一がボヘミアからだった/16世紀ボヘミアの特産品は鯉とビール/アナスタシア妃の死,オプリーチニキ/イヴァン4世により中央集権化は進んだが国土は混乱の極みに/聖ウァシリー教会の伝説/スペインが帝国たるゆえんはイスラーム帝国(オスマン帝国)の敵役となったから/カルロス1世「ペンとインクをもて」,フェリペ2世も書類マニアといわれるほどのワーカホリック/カスティーリャの大学16世紀のあいだに11→33/修道院解散でヘンリ8世が手に入れたのは国土の20%(後で売り出したが)/スコットランドも宗教改革を進めており,イギリス宗教改革の最大の成果はブリテン統合にある/アコスタ「たとえどれほど文明化していようと,改めるべきところのない民族はいない。同じように,どれほど野蛮な民族であろうと,よいところが全然ない民族というものはいない」/輸送船団のスケジュール調整,自然由来の動力源,採掘と運搬のための人力・リャマ・ロバ…などスペインの組織力と運営能力がなければ新大陸開発は無理→イギリスはせいぜい海賊を送り込むだけ/フェリペが来ると「部屋の空気がはりつめる」といわれた/クロムウェルこそがブリテン島統合を進めた/三十年戦争はスペインとオランダの戦いでもあった/三十年戦争でスウェーデンが強大国として台頭/ピレネー条約でスペイン帝国の没落とフランスの優位が決定的に/ユグノー戦争→事態を収拾できる強力な王権の台頭が期待される/リシュリュー→マザラン→コルベールは師弟関係/「現世をさげすめ,人生は善き死への準備」/マザランのメセナぶり(p291)→ルイ14世のメセナ重視に/宮廷は文明化のモデル/モスクワの南は穀倉地帯だったがタタールが出没/ステンカ=ラージンの「魅惑の書」/ポーランドの「穀物ブーム」衰退はジャガイモやトウモロコシの定着も一因/ポーランドが没落したのはスウェーデン(北方戦争中も)とロシアの攻撃によるところも大きい/当時は身分制議会を廃止し国王による効率的な統治こそが「進歩」/フェルディナント2世はイエズス会から教育された/第二次ウィーン包囲の失敗はマリア=テレジアより少し前くらい/近世ヨーロッパの三大難民(南ネーデルラント→北ネーデルラント/スペインからのユダヤ人追放/フランスからのユグノー脱出)/オランダの繁栄の秘訣はバルト海などを使ったヨーロッパ貿易に世界貿易を加えたところ/デカルトやロックもオランダへ/ヴォルテールはすごい亡命している/リンスホーテン/イギリスはフランス式庭園を嫌って中国風を意識/ピョートル大帝は子どもの頃「戦争ごっこ」とオランダ人から教えられた「航海」が好きだった/ピョートルのオランダでの振る舞い/東ヨーロッパ諸国が絶対王政を進める理由のひとつはスウェーデン/カール12世は北方戦争でロシアを破るがポーランドを優先してしまった/ピョートルは北方戦争後も軍隊を維持/ピョートルは国内でおそらく人気がなかった/カフェ・プロコープ/フィロゾーフの多くは「理神論者」/18世紀のフランスは「豊かな経済に貧しい財政」,末には経済もおかしく/フランスでは大学に代わって各種アカデミーが台頭/ポンパドゥール夫人「私が支配する時代」/体育や軍隊の行進はプロイセン発祥/フリードリヒ大王は父に親友を殺された後皇帝になるまでに『反マキァヴェリ論』をかく/エカチェリーナ2世の夫が殺されたのは七年戦争でプロイセンに味方するなどロシアの空気を読まずにプロイセン風の政策を導入したから
| ばか | 読書忘備録 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
E.H.カー - ロシア革命
 昔に買ってずっと読めないでいた本が読めるようになるのはうれしい。それでもこの本はあくまで素人向けにまとめた版で、元はもっと長い超大作というからおどろき。正直この本でも歴史に強くなりたい人しか読めないのでは。教科書のレベルを少し超えるくらいロシア革命について勉強しておかないとたぶん無理です。

「The 歴史」という感じの超客観的な乾いた文体が素敵でした。偏りを感じないからこそ説得力が生まれて、かえって書き手の言いたいことにひきよせられていく。というのがよく分かりました。特にレーニンの革命→ネップ→スターリンの革命という風な論理の作り方をしているところが面白かった。

評価:★★★★
| ばか | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Perfume - Spending all my time
 社会人生活にもずいぶん慣れて、最近頭に焼きつくような音楽ってなかった。もう特定の歌手にはまることもないかなと思ってさびしく思ってたけど、さにあらず。学生のころは少し良いかなくらいに思っていたパヒュームばっかり最近聴いてる。ライブに行きたくなるほど好きになってきた。 

 このシングルは、たぶん曲調的にはこれまでの80年代エレポップ路線から外れるから違和感ある人もいるかもしれないけど、個人的にはこれはこれでダサかっこよくていい感じ。パヒュームの曲は、特に初期はこの「ダサかっこいい」感じが魅力的だと思ってたので、「レーザービーム」から後あたりの「普通にかっこいい・かわいいアイドル曲」路線から少し外れてて、良い兆候だなと思ってます。この感じでアルバム出してくれたらうれしいなー。
| ばか | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
F.L.アレン - オンリー・イエスタデイ―1920年代・アメリカ

 1920年代のアメリカっていいね。日本のバブル期をもっとエゲツなくパワーアップさせた感じ。望むものは何でも手に入るような超好景気が10年も続いて、その後地獄に突っ込んでいくっていう過程だけでも興奮するけど、繁栄時代の裏でブクブク膨れ上がっていく社会病理っていうのが凄くいい。この本では1910年代末から世界恐慌の間のアメリカ、つまりウィルソンの失望、赤狩り、ハーディングのスキャンダル、禁酒法、ギャングの暗躍、都市部と農村部の格差拡大、勢力を取り戻すKKK、広告戦争、インチキ商売の流行(コカ・コーラも元々万能薬だったんだよ)、朝帰りを繰り返す若者、ジャズ、ラジオ、映画、病的なリンドバーグ礼賛、投機バブルとその大崩壊などなどつまり「永遠の繁栄」とその暗部が臨場感抜群に書かれてます。
 熱狂の「ジャズ・エイジ」は戦争と科学で世の中に失望した「失われた世代」ってのがわかりやすい。フロイトの心理学がこんな風に社会に影響を与えてるとは。面白かった。おれも「失われた10年」世代だから、方向性はまるで違うけど、世間に対してスレたくなる気持ちわかるかも。

評価:★★★★☆

| ばか | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Alter Ego - Betty Ford

 表題の曲メッチャ好き。頭ガリゴリガリゴリゴリゴリゴリゴリゴリってなるわ。

 http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=lD51yJAET3E


 脳みその奥まで抉られる感じがたまらん。ずっと聴いてたら全身溶けそう。フロアで聴くともっといいのだ。

 Alter Ego、最近はエレクトロ路線から何故か超絶に安っぽいドラムンベース路線へ走ってしまって、もう僕にはついていけないのですが、こんな速くて快楽主義的な曲をまた出してくれることを祈っています。

評価:★★★★★

| ばか | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サイモン・セバーグ モンテフィオーリ - スターリン――赤い皇帝と延臣たち

 これまで上下通して読めた本は「ドグラ・マグラ」だけってだいぶ前の日記に書いてるけど、1年ほど経って、こんなのにも手が出せるようになったんだなあ。上下共に広辞苑くらいあるような本(けど下巻は170ページくらい引用元の羅列。凄まじい仕事ぶりでまじ狂っとる)を計10000円ほど出して買って読みました。まあそんだけ高ければ読まざるを得ない。

 んーやっぱおれ悪趣味やから、スターリン時代のソ連の話読んでるとゾクゾクするわ。特に上巻のエジョフ大暴れのところ。これまでほとんどその内容は知らんかったけど、いい勉強になった。まあこれ読んで直接何に役立つかって何にも使えんとは思うけど。まさか高校の授業で大テロルの話を嬉々とするわけにはいかんし。けど結構思いこみ壊してもらえたからこの本には感謝してる。やっぱり歴史の勉強って、それまで思いこんでたことがガラガラ壊される感じが個人的には一番楽しいから、たとえばスターリンの人間味あるところとか、どういう理屈で自分ところの国民あんなに殺そうと思ったかとか、知れてよかった。社会の圧力ってほんま怖いわ。間違ったことしてるの分かってんのにやり続けてしまうんやな。けどやっぱりおれがスターリンと同じ立場で同じくらい能力あったら似たようなことするんかなあと思った。ナポレオン3世とかメッテルニヒとかもそうやけど、変なレッテル貼られてるやつの人物史はなんだかんだで一通りチェックしたほうがいいわ。次はビスマルクか毛沢東行ってみよう。

評価:★★★★☆

| ばか | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Technohead - Headsex

 うーんこうやって久々に音楽の感想書こうとすると、音楽の趣味が1年前とほとんど変わってなくてビックリするわ。高校生〜大学はじめのときは1年ごと、もっと変化に富んでたはずなんやけど。すこし悲しい。
 その代わり、本はこの1年ですごい読めるようになって、今は小説より新書とかのが多いくらい。歴史の本ばっか読んどる。こうして人は大人になっていくのだな。

 このCDは確か、ちょうど1年前、去年の春ごろに買った。このころ急にハピコアが好きになり出して、"I wanna be a hippy"と"Headsex"のお気楽リミックス2曲がPVも含めてすごい勢いで気に入ったんだった。本当に古臭い、ガキっぽい音使ってて、「シロップ漬けの麻薬音楽」って感じがスバラシかったんだけど、実際CDを買ってみるとその路線なのはその2曲だけで、あとは全部暴力的なゴリゴリハードコアでしたというオチでした。なんかコンビ組んでた片割れの人が死んでしまったから、追悼の意味を込めて特別に明るい曲を入れたかったらしい。そっちだけでアルバム1枚作ってくれたらよかったのに!!

 結局いまもゴリゴリした曲はさっぱり聴いてないけど、転調がうまいので、流してる分には意外に飽きない。それと、いまでも"I wanna be a hippy"の歌詞は、お気に入り。なんとなく響きがいいんだな。暗記してるからすぐ書けるぞ。

 I want to get high, I want to get high, I want to get high but I never knew why!

 まさに今のおれ! あーもっと気持ちよくなりたい!!! けどなんで気持ち良くなりたいんかわからん!! 不思議!!(この和訳であってるのか)
 このフレーズ歌ってる声、すごい好きなんやけど、誰が歌ってるのか歌詞カード見ても書いてない。気になる!!

評価:★★★☆

| ばか | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
別人みたい
 おおー、このブログも1年以上ぶりか。しかし、昔書いた文章見るとびっくりやな。なんか別の人が書いたみたい。そんな中身変わったつもりないんやけど、特に2回生のころの日記は、ひどいなあ。すごい子どもっぽく見えるわ。あと人の目すごい気にしたような記事が多くて痛々しい。普通そういうのは高校生で卒業するもんやけど、やっぱりおれは、人と比べて成長が遅いみたい。そろそろ大人にならんとなあ。
| ばか | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
佐藤賢一 - カペー朝

 フランスカペー朝の概説。作者が小説家なので、文章がこなれてて、よい。自分がどーしても文体から入るほうなので、新書文体のアレルギーあるんだけど、これは読みやすかった。

 新書は、構成がぶつぎりなのと、細かいムダ知識たくさん載ってるイメージで、今年(てかいままで)あんまり読まなかった。そもそも読み物として、成り立ってないものが多いと思う。けど、この本については、まったくそんなことなかった。ちゃんと一貫性も、結論もある。人に読ませる努力が、いろんなところでされてる。何より歴史の、あのゲームじみた魅力みたいのが、感じられたのがうれしかったです。自分と波長が合ったな。

 おれ、社会の教員目指してるんですが、めっぽう本には弱いので、こういう読みやすい歴史書みたいのが、あるとありがたいです。もちろん、これは軽すぎ、並みの新書でも軽い、ほんとはもっと分厚い専門書みたいのを、読まなねばならんとわかってるんだけど……頭がついていかないんだな。まあ、まずは準備体操として、こういうのから読んでいきたいと思います。

 評価:★★★★

| ばか | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Ken Ishii - WARRIOR ON THE DECKS ~PLAY, PAUSE AND PLAY 2~
Ken Ishii,Groove Man,Hertz & Johan Bacto,Kelli Hand,Pair Of Jacks,James Marshall,YSZ,Ken Ishii featuring 7th Gate,DJ Devious,Paul Mac,Technasia

 ケンイシイのデビュー15周年を企画して作ったらしいDJミックス。有名な曲も、お約束の曲も、惜しまず全部ぶち込まれてる。下手にマイナーな曲ばっかり入れるより、ベテランの余裕があってよいです。個人的には、"Master plan"のCD音源がどーしても欲しかったので、収録されてて、うれしい。

 もう夏の話だけど、大阪のグランドカフェってクラブで、15周年ツアー見に行ったときは、サイコーだった。"Master Plan"かかったときは、気が狂うかと思うくらい踊って、周りの人とかたくんでぐるぐる回った。あんときのこと思い出すだけで脳汁が出る。

 と、ここまでの話きけば、このDJミックスも素晴らしいできのように思えるが、さにあらず。確かに余裕は感じられるけど、なんかテンションが乗り切らない。山のない感じで、いけません。期待しまくってた"Master Plan"も、のっぺりした扱い。なんで現地で聴くのとこんなに差が出るのか……。タイトルやジャケットが戦いイメージしてるのに、勢いに欠けるのが、いちばんいけないんだろうな。
 これだと、前のDJミックスのがいいかな。ほんと、クラブで聴いた分には、最高だったんだけど。

 評価:★★☆

| ばか | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |