無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
東京事変 - 娯楽(バラエティ)
 おれが書いてる音楽の感想テクノのばっかだな。たまにはポップスも。

 おれが生まれて初めて好きになった歌手が椎名林檎です。中二のときソロ名義の「勝訴ストリップ」買ってはまって、そっからファン歴は五年くらいになる。でも最近、林檎さんへの興味が薄れてきた。
 正確に言えば、高二のころから薄れてきてる。たぶん、戸川純とかテクノとかに興味が移ったせい。でも、やっぱりいちばんの原因は、曲のクオリティーが東京事変になって落ちたこと、これにつきる。

 このアルバムは作曲は全部、作詞も半分以上他のメンバーまかせで、林檎さんはお唄に専念されているんだけど、買う前はほとんど期待してなかった。前に出してたふたつのアルバム「教育」も「大人」もイマイチだったし、しかも林檎さんのつくったメロディーラインが聴けないとか、ありえないっていう。個人的に椎名林檎の魅力は一にメロディー、次にアレンジと思ってて、あと漢字まみれの歌詞とかおまけくらいにしか見てないから、林檎作曲なしってのはかなり印象悪かった。

 それでもけっきょく買ったんだけど。ファンやし。で、聴いてみたら、思ってたよりよかった。すこしロック入ったわかりやすめのポップス。誤解を恐れず言えば、アクの強いポルノグラフィティみたいな。
 で、なにがよかったかていうと、もちろん他メン作メロディーの質とか演奏技術とかもよかったけど、やっぱり、なんだかんだで林檎さんはメロディーセンスだけじゃなく声とか歌い方とか、他にもいろんなとこが魅力的なんやなってことに、気づけたこと。林檎さんいろんなところすごい。そう思えたんが、このアルバム聴いて得たいちばんの収穫だった。メロディーだけ好きなつもりが、いつの間にか椎名林檎全体を好きになってたみたい。

 まあ、それでもソロのころ出してた、毒っ気たっぷりのアルバムにはずいぶん負けるんだけど。だいたい昔はわざわざ「娯楽」なんて宣言しなくても、楽しさたっぷりのアルバム出せてたんだから、あきらか枯れてきてるよなあ。「閃光少女」のときはもっとこれ思った。「未来がどうこうよりいまが大事」なんてわざわざ歌詞に示す必要ないやん。昔はそんなこと明言せんでもメロディーと歌い方自体がすごく刹那的で、よかったのになと思う。まあ、なに言っても懐古主義にしかならないか。いまの円熟した椎名林檎にも別の魅力がたっぷりあるだろうし。それをおれが理解しきらんだけ。

 ただ、ライブの映像見たけど、こちらはすげーよかったです。はっきり、ソロのときよりレベルあがってた。死ぬまでに一度、東京事変のライブには行こうと思います。

 評価:★★★
| ばか | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sanitation.jugem.jp/trackback/13