無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
伊坂幸太郎 - チルドレン
 大学のサークルでおすすめされて読んだけど、なにが面白いのかさっぱりわからん。広義のミステリ連作集らしく、たしかにトリックいくつか使ってあったけど、べつにそんな驚くもんちゃうやろ。むしろほんとに驚いたのは、これがいろんなとこで絶賛されてるってこと。サークルのひとたちは、おれ以外みんな気に入ってるみたい。ネット見たら、アマゾンのレビューでもブログでも、ほとんど星4個か5個つけられてる。ありえへん。せめて、ひねくれ者の多いネットやったら、お仲間おるかなと思ったのに。おれ流されやすい性格してるから、たくさんの人が褒めてるもの、なんでも良く見えてくること多いけど、これはないわ。気にいらんもんなんか無視したらええやん、意見なんて人それぞれやろって言われそうやけど、この褒められ具合が気に食わん。大学でこれけなせへんてのもすごいイラつくしな。作者の人に悪いけど、こんだけ褒める意見あるなら逆もあっていいやろ。
 
 話の概要。「陣内という変わり者の周りで起こる『小さな奇跡』を書いた全五編、読後は胸が温まる」らしい。おれはまずこの陣内って主人公、というか登場人物みんなが苦手やった。どのブログ見ても、個性的な登場人物の考え方やかけあいが面白いって書いてあるけど、そうかなあって思う。みんなただの人形やねん。飄々としてる、って言ったらええ意味やけど、どっちかというと単に負の感情がないだけやねん。子どもぽくて強引な主人公も、目の見えない人格者も、ジャズ好きな少年も、みんな変わってんのは設定だけで、中身はスカスカや。そのくせ「それも障害者の人を特別視するのはよくない」みたいな、「読者を考えさせる」こと言い出したりするもんだから、寒気がする。どいつもこいつもが作者の意見を(それも世間一般で美しいとされるような小奇麗な意見ばかりを)伝えるただのスピーカーみたいに思えてきて、それが気持ち悪かった。

 けっきょく、登場人物はお話の駒みたいなもんで、でもお話自体そこまで面白いわけじゃないから、どっちつかずになってたと思う。人物が駒なんは、推理小説なんかそうやし別にわるいことじゃないけど、なら徹底してストーリーや謎の要素を強くしてほしかった。あ、文章について書くの忘れてたけど、おれは伊坂幸太郎さんの文体がそもそも好きじゃないっぽいです。すかした好青年みたいな文章、キャラクターの言い回し、話題の取り上げ方すべてが苦手で、だから小説も悪い方からしか見れない。

  最後に、これは完全な個人の好みなんやけど、この小説毒があまりにもなさすぎて、それがいちばん嫌やった。障害者を特別扱いするのはよくないことだとか、若者を一絡げに見てはいけないとか、そんなありふれた主張、はっきり言って聞きたくないねん(てか、そんな主張を信条にしてる陣内さんのどこが変わり者なん)。それやったら、まだ障害者差別しまくったり、若者の人格を認めへんような描写されたほうがまし。

 この小説勧めてくれた人、グレイやエグザイルみたいな流行グループのこと嫌いって言ってた。いかにも感動させようって感じが苦手なんやって。おれもそういうとこあるから、よくわかる。でも、この「チルドレン」って小説、世間で出回ってる安っぽいラブソングとなにが違うん?

 なんか好きなもんのこと書いたときより、文章がずっと生き生きしてんなあ。やっぱ、嫌いなもんの悪口言うのは、好きなものについてくどくど語るより、ずっと楽しいな!
 
 評価:
| ばか | | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/10/23 12:48 AM posted by: kik
おお、仲間がいたわw

この人の本、三冊くらい読んだけど(良いところを探すためにね)どうしてもだめだった。
子供だましもいいとこ。

まわりの評価が異様に高いから、自分の方がおかしいんじゃないかって不安になるわ。
と同時に評価している人達に軽い失望を覚えてしまった。

んでそんな風に周りを見る自分にちょっと自己嫌悪。なんかいいことない読書体験だったな。

ところで他のエントリも読んだけど、
あんた文の構成もいいし良い批評眼持ってるほうだと思うよ〜がんばってね
2008/11/02 7:47 AM posted by: ばか
 うお、コメントがきてるの、気づきませんでした。お返事、遅れてすみません。

 仲間だ! しかも、良いとこ探すために同じ人の本読んで、それでも受け付けなくてという読書後の経過までほとんど同じです。世の中って広いんだなー。

 仲間が見つけられてほっとしました。しかも、他のエントリまで褒めてもらえて、とてもうれしいです。更新量増やせるよう、がんばります。

 コメントありがとうございました!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。