無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
恩田陸 - 夜のピクニック

 これ、高2のとき、学校の先生に勧めてもらって読んだ本。といっても、読んだのは大2のときで、三年くらい間隔があいてる。なんでかわからんけど、人に勧めてもらった本とかCDって、手に取るまでに時間かかるとき多いねんな。不思議。

 なかなかよかった。流行もん嫌いなあまのじゃくのおれも、ふつうに感動して、読んだあと「おおー」「ほー」とかため息ついてた。内容は、まあ甘酸っぱい青春もの。高校での「歩行祭」のお話。
 読んでるときの気分をたとえるなら、修学旅行や部活動の合宿で、夜、友達と深めの話をしてるときの、あの甘ったるくて良い気分をぎゅっと凝縮したような感じか。若返ります。

 まあ、すこし少女漫画チックな都合のよさとか、文章の雑さとかは感じた。でも、そんなん気にならんくらいストーリーはテンポいいし、さわやかだった。
 キャラクターは、いまどきの流行漫画っぽい。人間のどろどろしたとこを感じさせない清潔な性格をしすぎで、好みがわかれそう。おれはもともとそういうの好きなんで、すんなり受け入れられたけど。

 個人的にこの本は、上にも書いたけど学校の先生に勧められたから、その分の感謝が結構ある。というのも、おれ高2のときは思春期の少年らしく、人間関係とかですこし疲れてた。本勧められたときはあんま読む気なかったし、「どうせ流行作品やろ」とすかしてなんも感じひんかった。けど、いまになって見てみると「なるほど、先生はあのときおれの心理状況を考えてこれ勧めてくれたんやな」とか思えて、なかなか感動する。

 まあ、先生が何思って勧めてくれたんか、ほんとのところはわからないけど、おれはこういうとこ読ませたかったんかなって思ってる。たとえば、はやく思春期のつらさから逃れようとして大人ぶる主人公に、主人公の友達が「つらい時期でもそれは必要な時間だから、もっといまを楽しんで、はじけて過ごせ」みたいな説教をするシーン、ここらへんのくだり、すなおによかった。

 ちなみにそのとき、主人公の友達があわせてこんなこと言う。「昔いとこから勧めてもらったファンタジーの本があって、最近になって読んだ。そのとき、『しまった』と思った。昔に読んでおけば、それはいまの自分を構成する大切な要素になっていたはずなのに。考えてみれば、いとこは自分の年齢や精神状況を考えて、当時あれを勧めてくれていたんだ。タイミングを逃した。昔に戻ってこれを読もうと思っても、もう遅い。(だからお前はいまの時間を大切にしろ)」。かなり略してるけど、だいたいこんな感じ。

 おれはこの「夜のピクニック」、勧められてから3年開いて読んだけど、なんとかぎりぎり間に合ったと思ってる。先生の意図は(たぶん)汲めたし、純粋に読んでておもしろかった。てかむしろ、思春期らしく共感して癒される意味と、年とってから思春期を懐かしむ意味の両方で楽しめた。ちょうど適正年齢ど真ん中やったんかも。

 この本は適正年齢が狭そうと思う。思春期ど真ん中あたりから、大学生はじめまで、あと、それなりに年とった人もいけそう。逆に後期大学生〜30代だと、文章や話の稚拙さなんかが目に付いて、ダメかもしれない。少女漫画じみたのが嫌いな人、まさに悩み抱えてる最中の高校生なんかも、「なんだこの奇麗事は」と言って蹴飛ばしそう。まあ、これは単なる個人的な感想なので、もちろんこれに当てはまらない人もたくさんいるだろうけど。

 というわけで、総括すると、雑なところはあるものの、全体としてはとても良質な青春物語でありました。それと、学校の先生、ありがとうございました。

 評価:★★★★

| ばか | | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/01/16 7:49 PM posted by: 篠樹
どうもはじめまして。
何か、すごく共感出来たしので、コメしました。

私は夜のピルニックを中2ぐらいのときに読みました。その時は、ただ「良い本を読んだ」ぐらいにしか思わなかったんですが、最近、テレビでこの映画がやったって事もあって、読み返しました。そしたら、「中2の時に読んどいて良かった。今はじめて読むんやなくて良かった。」と思いました。
ばかさん(すみません・・・初対面の奴がこんな風に呼んで。)のいうとおり確かにこの本は、年齢を選びますね。
あの時に出会ってて良かったと思いました。あの時じゃなかったら、この青春くさい本を読んでいるときに素直に、こしょぐったく感じたり、はにかんだりと感じなかったかもしれません。

まぁ、なにが言いたいかというと・・・よくわかんないです・笑
周りにあんま本のことを語れる人がいなかったもんですから・笑

すみません。こんな長ったらしくかいてしまって。しかもこんなまとまってない文章を。
(文才ないんで・笑)

それでは。




2009/01/17 2:21 AM posted by: ばか
 全然長ったらしくないですよ! それ言い出したら、僕の毎回の更新なんて見られたもんじゃないです。

 ほんと、出会いのタイミングって大切だなと、最近とみに感じます。僕がこの小説読んだのは最近なんですが、篠樹さんのように中学時代に読んでおけば、もっと違った感想があったかもしれません。何を言ってもいまさらにしかならないんですが……。

 とにかく、この本をある程度若い時期に読めたのがうれしいです。篠樹さんも、若い時期に読まれたということで、ひとごとながら、よかったなーと思っています。

 それでは、最後になりますが、コメントありがとうございました!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://sanitation.jugem.jp/trackback/31