無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
夢野久作 - 犬神博士

 奇人で知られる「犬神博士」が語る自身の幼少時代、という形式の話。血の繋がらない父母と見世物をして回る乞食生活を強いられた美少年チイが、大人の世界のインチキや不条理に真正面から立ち向かう。

 久しぶりに、パワーで押してくるタイプの小説だった。明治あたりの、日本が戦争にこれから向かおうってときの、社会に漂う不穏な雰囲気と、それに対抗する民衆のエネルギーがぐるぐる入り混じって、下品だけど力のある話になってる。

 昔の日本のこういう空気、見てる分には憧れるな。異常に熱くて濃ゆい、人間のにおいのする空気や。ボロボロの着物きて、汚い荷物いっぱい背負って、「アネサンマチマチ」とかいう謎のエロ踊りやって生活して、インチキ博打やったり、サーベル持った髭の警官が怖かったり、知事さんがやたら偉かったり、暴力団の親分からまじで男気感じたり、盗みや放火がそんな珍しくなかったりする時代の、むさくるしくて汚い雰囲気が、気持ちいい。いまの時代は何にせよ薄っぺらくて、表面上は洗浄したみたいに無色透明やから、読んでたらほんと隣の芝。

 夢野久作の本にしては話のつくりが単純、博士の思い出を時系列順に並べてるだけ。基本的にコメディータッチで(はじめ表紙とタイトル見てホラーかと思った)、読みやすい。あと、夢野久作の文体がすごくいい。カタカナ・擬音多め、方言多用の、人を食ったように饒舌な文体が、こういう泥くさい話とあってて、ぐいぐい読ませてくる。

 最後、終わり方は「えーっ」となったけど、まあこれはこれでさらっとしててありかもしれない。(追記:新聞連載してるとき打ち切られたらしい)話自体単純で起伏ないから、オチがオチてなくても気にならないというか、この本のいいとこはそこじゃないしな。ただ、やっぱり起伏がないと、一気に読むのは難しくて、途切れ途切れに読んでしまったけど。

 まあまあ楽しかった。想像してたのとまったく違い、痛快愉快な冒険物語でした。

 評価:★★★★

| ばか | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。