無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
E.H.カー - ロシア革命
 昔に買ってずっと読めないでいた本が読めるようになるのはうれしい。それでもこの本はあくまで素人向けにまとめた版で、元はもっと長い超大作というからおどろき。正直この本でも歴史に強くなりたい人しか読めないのでは。教科書のレベルを少し超えるくらいロシア革命について勉強しておかないとたぶん無理です。

「The 歴史」という感じの超客観的な乾いた文体が素敵でした。偏りを感じないからこそ説得力が生まれて、かえって書き手の言いたいことにひきよせられていく。というのがよく分かりました。特にレーニンの革命→ネップ→スターリンの革命という風な論理の作り方をしているところが面白かった。

評価:★★★★
| ばか | | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。